タイで、個人タクシーを使うのは本当にダメなのか!?

タイの個人タクシーに初めて乗ったのは約3年前です。

ツアー参加だったので、ツアー会社指定の「バイヨークスカイホテル」から個人タクシーに1人で乗車し、ナナプラザまでは渋滞なければ「約15分位かなー」なんて思っていました。

乗車してすぐ、タクシー運転手がタイ語で何か色々話しかけてきたのですが、私は良く分からなかったので適当に「うん、うん」と答えていたら、突然ナナプラザっぽくないところで停車!到着したのは、マッサージパーラー!汗

寄り道され、渋滞もひどかったので「ナナプラザから2キロ手前」で降ろされ、300バーツ!ついでにチップも取られて、合計400バーツ!払いました。こういうのが所謂、タイのタクシーでぼったくられた!という話です。
ただ、金額的に1,000円未満なので「プチぼったくり」ですね!笑

初めてタイへ行かれる方が、
こういう展開にならないような「タクシーの乗り方」を説明します!

【基礎知識】 法人タクシーの特徴

個人タクシーよりも法人タクシーの方が安全ですので、初めてタイに行かれる方は、まず法人タクシーに乗ってください!特徴は、ボンネットに「TAXI METER」の文字があり、車体はピンク、オレンジ、青、緑、黄色などが法人タクシーです。

ただ私がピンクに乗ったとき「メーター使わずに値段交渉された」のであまり印象は良くないです。黄色、緑はちゃんとメーター使ってくれたので大丈夫でした!他は、オレンジ、青色辺りがよろしいかと!

ピンクのタクシーでメーター使わない運転手もいる!

 

【基礎知識】 空車の見分け方

”ワーン(空き)” という文字のランプが点灯していたら、空車です!

 

【基礎知識】 運賃計算方法、チップについて

タイの法人タクシー基本情報

初乗り料金・・・35バーツ
深夜、早朝料金・・・なし
クレジットカード・・・使えない
車内乗車人数・・・4人
チップ・・・自由
言語・・・タイ語、英語(英語を話せる運転手は少なめ)
喫煙・・・NG

タイの法人タクシー料金表

初乗り1km・・・35バーツ
1~10km・・・1km毎に5.5バーツ
10~20km・・・1km毎に6.5バーツ
20~40km・・・1km毎に7.5バーツ
40~60km・・・1km毎に8バーツ
60~80km・・・1km毎に9バーツ
80km~・・・1km毎に10.5バーツ

チップを期待しないタクシー運転手もいるのですが、私がタイ人女性と乗車したときに「チップとして40バーツ(約150円位)払って!」と言われたことがあるので、それくらいが法人タクシーへのチップ相場かなと思い、毎回チップを40バーツ払うようにしています!

 

【応用編】 個人タクシーの乗り方!

実は、私はタイでよく個人タクシーに乗ります!(下画像の黄色と緑のツートンカラーのタクシー)なぜかというと、私がタクシーを使いたいとき、必ずそこには個人タクシーがいるからです!笑

やはり旅行中は、時間を無駄にしたくないです!金額に納得できれば個人タクシーでも良いと考えます。

個人タクシーでも、手口がわかればボラれない!

冒頭で、個人タクシーでプチぼったくりに遭った話をしましたが、それは相手の手口をわかっていなかったからです。しかも分からないタイ語に対して、「yeah(イヤー)とか、Uh-huh(アハン)とか」適当な相槌をしていたことで、行き先がマッサージパーラーに変わってた!?笑

乗車前にきちんと値段を決めて、分からないことを言われたら「わからない!」ということを言葉や態度で示せば、最初に決めた金額以上は請求されません!

タイの個人タクシー基本情報

・英語話せない日本人を若干ナメてる!(多少英語が理解できる運転手が多い)
・運転しながら、恋人や奥さんと電話するオッサン運転手が非常に多い!
・無口な人は少なく、積極的に話しかけてくる!(タイなまりな英語のため聞き取りづらい)
・基本的に運転は荒いが、個人的に事故った経験はない。
・ドアを優しく閉めないと、怒るタクシー運転手がいる!

タイの個人タクシーの料金相場

・初乗り料金・・・値段交渉で決めった金額に含まれているので考えなくて良い。
・10分位で行ける場所・・・100~150バーツ(チップ込み)
・30分位で行ける場所・・・200~300バーツ(チップ込み)
・ナナ駅からドンムアン空港まで・・・500~600バーツ(チップ込み)
おそらく10分単位で50~100バーツ上がる感じです!

 

【応用編】 個人タクシーの値段交渉の方法

英語が話せない日本人を若干ナメてるので、英語が話せる雰囲気を出しながら値段交渉します!また、値引き交渉もしながら「お金には結構うるさいよ!簡単にお金出さないよ!」みたいな印象を同時に与える交渉方法です!

個人タクシーとの値段交渉(英語編)トラベル英会話レベルで十分な値段交渉ができます!
私: 「Hi !!^^/」
私: 「I wanna go to Nana Plaza !! How much ??」
タクシー: 「200THB」
私: 「It’s very expensive !! 150THB OK!?」
タクシー: 「muu、OK!!」
私: 「Thank you so much!!」(^0^)/

私はいつもこんな感じで個人タクシーに乗っていて、最初に決めた金額以上を請求されたことはありません!法人タクシーがなかなか捕まらないときもあると思うので、ぜひ個人タクシーもお試しください!

個人タクシーに乗れるということは、全てのタクシーでトラブルなく乗車できるということなので!^^

 

お釣りがないと ”本当にボラれる” ので、要注意です!

個人タクシーだけではないと思うのですが、タイのタクシー運転手はお釣りを用意してない、あるいは、お釣りがないフリをするので、お釣りが出るような支払い方はしてはいけません。

たとえば乗車時に300バーツで交渉していたら、必ず300バーツをお釣りが出ないように払ってください!もしこの状況で500バーツのお札を払うと、200バーツのお釣りが返ってこない可能性があります!「お釣りがないので払えない。200バーツはチップでいいかな!?」みたいな言われ方をされます!汗

なのでタクシーに乗るときは、50バーツ、100バーツの細かいお金を用意してください!そうすれば、どのタクシーに乗っても余計なチップを払うことはありません!

 

まとめ

個人タクシーに乗れるようになったら、タクシーの色なんて関係なくなります!
値段交渉して、納得して、乗車する!このステップを踏めば、ボラれた感覚にはならないと思います。

ちなみにタイ人と一緒にタクシーに乗車すれば、どのタクシーも安く乗車できます!なのでタイ人と一緒のときは(主にタイ人女性とHOTELへ行くときなど!笑)は、その女性にタクシーを拾わせてください。安いタクシーに乗れます!

女性の前だからといって、間違っても「Hey!タクシー!」なんてカッコつけて自分でタクシーを拾おうとすると、スケベな日本人からボッタくってやろうとするタクシーが停まります!近寄ってきます!注意してください!笑