タイの電源コンセント、変圧器はこれで決まり!

日本の電化製品がタイで使えるのか確認してきました!結論から言うと、ほぼ使えるのだと思います!ただ、使えない家電もありましたよ!

私が海外旅行で毎回持っていく家電は次の5つです。

1.スマホ
2.ひげ剃り
3.ドライヤー(海外対応)
4.ノートパソコン
5.イモトのWifi

他にも色々あると思うのですが、今回はこの5つの家電がタイで使えるのか?について説明したいと思います!^^

プラグの形状、電源さし方!

先ず初めに、タイの電源コンセントについて説明します!日本の電源コンセントとは違い、丸い穴が二つあります。(下画像を見てください)
この丸い穴に日本のプラグを差せる雰囲気ありませんが、、実はそのまま差し込めるのです!

 

では、日本の電源プラグを差してみますね!
丸い穴のコンセントなので、日本のプラグが差し込めるのか不安になるのですが、、、。

 

ちゃんと差し込めましたね!^^

 

変圧器がないと、日本家電が壊れるので注意!

POINT日本の電化製品は、大体100V-120Vという電圧が記載されています。タイの電圧は200V-220Vのため、100V-120Vの記載のある日本製品は変圧器(下画像の赤丸が変圧器)が必要になります!

変圧器を使わなくても、使用できる日本の電化製品(対応電圧が100V~240Vと書いてある製品)はありますが、私は壊れるのが嫌なので、全てこの海外旅行用の変圧器を経由して使ってますよ!汗^^;;

海外旅行用変圧器 【全世界対応】【USB充電ポート付】今なら世界各国対応変換プラグ5個セットプレゼント付♪

価格:4,083円
(2019/5/4 10:02時点)
感想(4062件)

 

ドライヤーは変圧器を使っても動かない!

初めてタイに行ったとき、ヴィダル サスーンのヘアドライヤー(下画像)を持って行って、このドライヤーは海外対応ではないので、変圧器を使ってスイッチを入れたら「カツ、カツ、カツ…」という謎のカツカツ音だけが鳴り、温風・冷風でませんでしたね。。やはり海外では、海外対応のドライヤーしか使えないようです!

 

ちなみに、私がタイで動作確認した製品は、「パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 海外対応」です!日本で大変人気のあるドライヤーです!

パナソニック Panasonic EH-CNA5A ヘアードライヤー ナノケア 白 [国内・海外対応][EHCNA5AW]

価格:10,980円
(2019/5/4 10:04時点)
感想(1件)

下画像のように「200-240V」に切り替えると、タイで問題なく使えました!いい感じな温風で、髪がフワッと仕上がります!ホントにおすすめですよ!!

 

まとめ

タイで動作確認できたのは、スマホ、ひげ剃り、ノートパソコン、イモトのWifi(すべて変圧器経由)となります。変圧器を使っても動かなかったのは、海外対応ではないドライヤーだけでした。

最低でも変圧器さえ持って行けば、タイではなんとかなりそうです!変圧器、忘れないようにしてくださいね!^^